山種美術館クラウドファンディング開始のお知らせ
HOME > 山種美術館クラウドファンディング開始のお知らせ

山種美術館|コロナ禍を越え、日本画を未来に伝える活動にご支援を

当館は1966(昭和41)年、日本で初めての日本画専門の美術館として開館以来、近代・現代日本画を中心とした収集・研究・公開・普及につとめ、毎年たくさんのお客様をお迎えしてきました。
しかし、新型コロナウイルス感染症の影響により、大幅な収入減が続いています。そこで、初の試みとして、クラウドファンディングに挑戦することといたしました。
これまで当館は、入館料やショップの売り上げが収入源の柱であり、企業からの寄附金や公的な補助金に頼ることはほとんどありませんでした。
しかし、今後美術館の安定した運営を継続するためには、収入のあり方を考え直さなければならない局面を迎えています。
これまでは、外部からの寄付を募る制度も設けていませんでしたが、今回を機に、当館を大切に思ってくださる方々からのご寄附を、運営資金の新たな柱として活用させていただきたいと思っています。
日本画の素晴らしさを国内外に広く発信し、日本文化を未来に引き継いでいくため、皆様のご支援を、何卒よろしくお願い申し上げます。

新着情報

サードゴールはご寄附者数1,000人を目指します!(11/19更新)

・「美術展ナビ」にて、当館のことを取り上げてくださいました。
 こちらからご覧いただけます。→「ファンと美術館を結びつけたクラウドファンディング」 山種美術館長に聞く(11/18更新)

・ウェブ版「美術手帖」にて、大原美術館とワタリウム美術館とともに、当館のことを取り上げてくださいました。
 こちらからご覧いただけます。→『コロナ禍で岐路に立つ3つの私立美術館。それぞれの生存戦略は』(11/15更新)

・各界からの応援メッセージが追加されました!(10/30更新)
 村上 隆 様[アーティスト]のメッセージが届きました

・各界からの応援メッセージが追加されました!(10/26更新)
 千住 博 様[日本画家]のメッセージが届きました

・各界からの応援メッセージが追加されました!(10/19更新)
 安原 成美 様[日本画家・Seed 山種美術館 日本画アワード 2019 大賞受賞者]と小橋 めぐみ 様[女優]のメッセージが届きました

ネクストゴール挑戦のお知らせ(10/16更新)

目標額突破と寄附継続のお知らせ(10/13更新)

山種美術館クラウドファンディング概要

実施期間

10月7日(水)~12月14日(月)23時

リターン(返礼品)※記載のリターンは一部です

  • お礼状(入館時のご提示で2021(令和3)年2月6[土]から8月31日[火]の期間中何度でも 同伴者1名まで入館料100円引き)
  • ご招待券
  • 山種美術館公式HPにお名前の掲載(ご希望の方のみ)
  • オンラインギャラリートークにご招待
  • 『開館50周年記念 山種美術館近代日本画名品選100』(2016年発行) 1冊
  • 年間パスポート(ご本人に限る)
  • 山種美術館 館内にお名前の掲出(ご希望の方のみ、1年間)
  • 山種美術館 館長他、学芸員の解説による特別貸切鑑賞会
    (1~30名様程度。閉館後の時間帯で、支援者様と個別に日程調整)

    など 3,000円から500,000円、1,000,000円(法人向け協賛)まで 全13種

目標金額

5,000,000円
★[10/16更新]目標額達成のため、ネクストゴールとして10,000,000円を目指します
★[11/19更新]目標額達成をいたしました。サードゴールはご寄附者数1,000人を目指します
※本件は目標金額に達したかどうかにかかわらずプロジェクトを実行する、「All in 方式」です

ご寄附の方法

Step1►WEBサイト「クラウドファンディング レディーフォー」に登録
Step2►リターンコースを選択して、WEBサイトからクレジットカードまたは、銀行振込で寄附
*対応カード(VISA / MasterCard / JCB / American Express / Diners)

詳しくは、「山種美術館クラウドファンディング」特設ページをご確認ください。

特設サイトはこちら

※ご寄附は当館受付でもお申込いただけます。